コースID:-
城島高原パークでアイススケート!別府⇔湯布院 冬のドライブ満喫コース
ルート
全体
日程 :
-
出発時刻 :
-
到着時刻 :
-
総走行距離 :
-
総走行時間 :
-
総所要時間 :
-
総通行料金/総ETC料金 :
0円/0円
 
 
ルート全体表示
交差点:
観光情報
みどころ/会員特典
別府インターを出発。通称「やまなみハイウェイ」(大分県道・熊本県道11号別府一の宮線)を湯布院方面へ進みます。約4キロほど走行すると第1スポットの「別府ロープウェイ」に到着する。ここでは、九州最大級101人乗りのゴンドラで標高1,300mの世界へ約10分で到着する。山上は四季折々の自然にくわえ、壮大な展望と風景を楽しむことができます。自然を満喫した後は、今回のメインスポット「城島高原パーク」へ。園内は子どもから大人まで、さまざまなアトラクションを楽しむことができるため入園券+のりものパス券を購入しておくと安心だ。また、園内には期間限定でアイススケートリンクがOPEN!!ここでスケートを満喫しましょう。※アイススケートは2020年3月8日(日)まで※滑走にはスケート靴(有料800円で貸出あり)と手袋が必要。※アトラクションは気象状況などにより休止する場合があります。※期間中の休園日については、城島高原パークのホームページ等でご確認ください。 http://www.kijimakogen-park.jp/スケートを楽しんだ後は、隣接する城島高原ホテルの日帰り入浴でリフレッシュ!大浴場「大地の湯」は、なめらかな肌ざわりの天然温泉。※利用可能時間13:00~18:00(入場は17:00まで)スケートと温泉を満喫した後は、やまなみハイウェイを湯布院方面へ進むと約25分程で岩下コレクションに到着する。まず、目に飛び込んでくるのが蒸気機関車D51である。以前は湯布院観光で有名な湯の坪街道沿いの湯布院中央児童公園に置かれていたものを今は岩下コレクションで見ることができる。なお、館内は貴重なバイクや世界のクラシックカー他、昭和レトロな雰囲気にひたれる数万点の玩具やポスターまた、ヨーロッパの美しいステンドグラスやアンティークなどを展示しており、全世代の方に楽しんでいただける博物館です。古き良き時代を感じながら館内を巡ってみてはいかがでしょう。最終スポットは、大分自動車道の湯布院インターチェンジ目の前にある「道の駅 ゆふいん」です。湯布院の特産品などが揃う物産館でドライブの思い出にお土産を購入してみてはいかがでしょう。