コースID:-
摩周湖を満喫!雪解けの摩周湖と天然のプラネタリウム 1泊2日ドライブ
ルート
全体
日程 :
-
出発時刻 :
-
到着時刻 :
-
総走行距離 :
-
総走行時間 :
-
総所要時間 :
-
総通行料金/総ETC料金 :
0円/0円
 
 
ルート全体表示
交差点:
観光情報
みどころ/会員特典
釧路市を出発し、弟子屈町の摩周湖~屈斜路湖周辺の1泊2日ドライブのご案内です!釧路市内中心部を出発し、鶴居村経由で弟子屈町に向かいます。鶴が居る村の鶴居村鶴見台で小休憩。丹頂鶴が舞っていることでしょう。弟子屈町に入り、まずは腹ごしらえ。JR摩周温泉駅前にあります、食堂と喫茶のpoppteiで名物「摩周の豚丼」はいかがですか?丼の中に惜しげもなく炭火で焼かれた豚肉がど~んと盛り付けられているボリューム満点の豚丼をご賞味ください。さて、今回の第一目的地である摩周湖へ。湖面の氷も少しずつ解けてきていて足元も歩きやすくなってきている頃ですが、夏の表情と一味違った摩周湖をご覧ください。積雪の関係により、この時期にご覧いただけるのは「摩周湖第一展望台」ですので、お気を付けください。そして、摩周湖第一展望の駐車場でもらった駐車券は捨てずにお持ちください。次に向かうのはお持ちの駐車券を片手に硫黄山です。大地のエネルギーが感じることができるパワースポットとしても知られている硫黄山は噴気孔のすぐそばまで行くことができ、黄色い硫黄の結晶が見ることができます。さて本日最後の目的地は砂湯です。4月頃まで飛来している白鳥は砂湯の岸側に多くいることでしょう。それは氷の張った屈斜路湖でも砂湯の近辺では岸周辺の砂を掘ると温泉が湧いてくることで有名ですが、その湧いてくる温泉で白鳥も温まっているとか・・・(諸説あり)寒いところを見て回り体も冷えてしまったことでしょう。本日の宿泊地「名湯の森ホテル きたふくろう」へ川湯の温泉でじっくりと温まってください。温泉もお食事も済ませたら、もう一度摩周湖まで向かいましょう。人口の明かりが無く360°見渡す限りの星空を見ることができます。冬の澄み切った空気が星空を特にきれいに見せてくれることでしょう!!
食堂と喫茶 popptei注文時にJAF会員証提示で摩周の豚丼100円引き名湯の森ホテル きたふくろう1泊2食付き宿泊基本料金、JAF会員含む6名様まで10%割引