コースID:-
函館の山麗が真紅に染まる!春の恵山日帰りコース
ルート
全体
日程 :
-
出発時刻 :
-
到着時刻 :
-
総走行距離 :
-
総走行時間 :
-
総所要時間 :
-
総通行料金/総ETC料金 :
0円/0円
 
 
ルート全体表示
交差点:
観光情報
みどころ/会員特典
 青函フェリーからまずは函館駅前にてレンタカーを借りて五稜郭へ!【五稜郭観光駐車場が便利】  ・五稜郭公園~桜の名所を散策!箱館奉行所で歴史散策!  ・五稜郭タワー【優待】~展望台からは五稜郭を一望できます。 次は海岸線の国道278号線を東へ向かうとローマの水道橋を思わせるような美しいアーチ橋が見え隠れする旧戸井線アーチ橋へ!【駐車場がないため、近隣や通行する車にご配慮願います】  ・旧国鉄戸井線の線路跡で、一度も使われることがなく廃線となった幻の鉄道と言われています。 次はさらに国道を東へ向かい恵山岬へ!  ・恵山岬の突端部へ行くと、高台の公園になっており、面に広がる太平洋の青い海を見渡すと、気持ちが安らぎます。  ・また、公園内には「函館市灯台資料館 ピカリン館」という施設があり、最上階には近くにある恵山岬灯台と同じ高さから見られる展望台があり、眼下から雄大な太平洋を望めます。  ・さらに公園内を奥に進むと海の中に天然の露天風呂があるユニークな温泉、水無海浜温泉があります。潮の干満により、入浴可能な時間が日ごとに変わるのが特徴で、満潮時は水没し、干潮時のみ入浴できます。入浴可能時間は函館市椴法華支所のホームページで確認してから出かけるといいでしょう。 次はいよいよ標高618メートルの活火山である恵山の山裾を真紅に染めるつつじを眺めに「恵山つつじ公園」へ ・毎年5月下旬頃には「恵山つつじまつり」が開催され、60万本ともいわれるエゾヤマツツジやサラサドウダンの花々が咲き誇ります!!【今年は2018年5月19日(土)~2018年6月3日(日)で開催されます】   帰路には、【道の駅なとわ・えさん】で休憩しつつ、明治31年に設立した日本で最初の女子修道院【トラピスチヌ修道院】へ! ・敷地内にはテレジア、ジャンヌダルク、天使ミカエル等の聖像があり、また売店には手作りのロザリオを販売しています。是非神秘的な体験をしていただき、その余韻でお帰りください・・・
「五稜郭タワー」 函館市のランドマークとして親しまれています。展望台からは特別史跡・五稜郭はもちろんのこと、函館山や津軽海峡が眺望できます。【特典】展望台有料搭乗者にポストカードプレゼント※詳しくはコース内の施設情報をご覧ください。