豊富なドライブコース情報から道路情報、イベント情報まで、おでかけ計画はJAFナビにおまかせ!

ドライブコースの概要 ドライブコース詳細
(コースID:031110172)
森と水のシンフォニー岩泉町満喫コース
龍泉洞
道の駅 いわいずみ
龍泉洞
道の駅 いわいずみ
■日程: 日帰り
■出発日時:
  
2016年03月11日 09:00
■到着日時:
  
2016年03月11日 13:09
■総走行距離: 124.7km
■総走行時間: 4時間9分
■総所要時間: 4時間9分
ルート全体地図 交差点: 表示 非表示   事故多発地点: 表示 非表示

太古のロマンと神秘に満ちた洞窟、日本三大鍾乳洞に数えられる龍泉洞を筆頭として、岩泉町の観光ポイントをご紹介いたします。雄大な北上山系に構える本州一広い町、岩泉の自然をまるごと体感してください。

・早坂高原ビジターセンター

町の西部中央に位置し、牧歌的なムードが心をなごませる早坂高原。標高916mの早坂峠を中心に広がっており、澄んだ空気の中で短角牛がのんびり草をはむこの雄大な大草原は、県立自然公園に指定されており、レンゲツツジ、白樺、シナノキや高地性植物の宝庫です。北上山地の緩やかな斜面に広がる一帯は、まさに絶好のドライブコースです。

・道の駅 三田貝分校
北上高地最大の交通の難所「早坂峠」を一気に貫く3,115mに及ぶトンネルが開通し、沿岸部と県中央部の大幅な時間短縮が図られました。
当道の駅は、悠久の時が織りなす神秘の鍾乳洞や太平洋の波が刻む海の芸術「熊の鼻」など、変化に富んだ景観が訪れる人を自然美の楽園へといざなう岩泉町西の玄関口として整備されました。
県都盛岡から約55km、早坂トンネル東側出口から7kmの、実在した分校跡地に当時の面影そのままに建っています。そこには、訪れた方々に懐かしく暖かい気持ちになっていただきたいという、切なる思いが込められているのです。

・大川七滝
小本川をさかのぼって大川に入ると、ここは険しい山岳渓流の世界。小本川流域随一の景勝地大川の七滝は心洗われる深山の美そのもの。8月下旬には「大川七滝夏まつり」が開催されます。

龍泉洞

龍泉洞は日本三大鍾乳洞の一つとされ、また洞内に棲むコウモリと共に国の天然記念物に指定されています。
内総延長は知られている所で3,600mで、そのうち700mが公開中。 見つかっている地底湖は8つで、そのうち3つが公開中。現在も調査が継続中で未知の部分もまだまだ多く、総延長は5,000m以上ではないかと言われています。

・安家洞

北上山地の北部に位置する安家(あっか)洞は、総延長が日本最長の2万4000メートルの大スケール。迷宮のダンジョンはいま だに全貌がわかっていません。ほとんどすべての型の鍾乳石が見られる鍾乳石の博物館です。

道の駅 いわいずみ

国道455号線の沿岸部の拠点
、お食事やおみやげ、周辺観光情報案内を備えた休憩スポットです。隣接の産直コーナーでは地元の新鮮な野菜がお得にお買い求めいただけます。

ふれあいらんど岩泉

道の駅いわいずみ南側に位置する『ふれあいらんど岩泉』は、オートキャンプ場、コテージのほか体験農園、400mトラック、野外ステージ、花の広場(ロックガーデン)などがあり、ゆっくり遊べます。また、岩泉町内さらには周辺町村には観光名所がいっぱい!オートキャンプ場をベースに東西南北よくばり満喫して下さい。

熊の鼻展望台

小本海岸の南に突き出た赤松の茂る半島、熊の鼻。「熊の鼻」は岬の形が熊の鼻に似ていることから名付けられました。三陸復興国立公園屈指のビューポイント。リアス式海岸の岸壁を挟んで青い海と松の古木が独特の美しさをかもし出し ています。小本海岸では三角に突出した小本の龍甲(たつこう)岩も見どころです。






会員特典
プレゼント情報


岩泉乳業(株)様より

・岩泉ヨーグルト1000g(加糖+無糖)セット 3名様

応募はこちらから

(株)ドリームラボ食品事業部フーズラボ様より

・つるしこ冷麺 極旨三種の味6食入り    5名様

応募はこちらから

プレゼント応募期間
2016年3月11日(金)~2016年5月20日(金)まで
ドライブコース詳細 戻る
JAF|一般社団法人 日本自動車連盟