豊富なドライブコース情報から道路情報、イベント情報まで、おでかけ計画はJAFナビにおまかせ!

ドライブコースの概要 ドライブコース詳細
(コースID:321110312)
松江・美保関 へるん先生(小泉八雲)の足跡を辿る日帰りドライブコース
小泉八雲旧居
美保神社
小泉八雲旧居
美保神社
■日程: 日帰り
■出発日時:
  
2016年06月01日 09:00
■到着日時:
  
2016年06月01日 14:44
■総走行距離: 86.3km
■総走行時間: 2時間59分
■総所要時間: 5時間44分
ルート全体地図 交差点: 表示 非表示   事故多発地点: 表示 非表示
このコースは小泉八雲が愛した松江市を周遊するコースです。

松江西ICから【小泉八雲旧居】へ向かいます。
明治24年5月から11月までの約6ヶ月間過ごした邸宅です。元々は松江藩士の武家屋敷で、
何事も日本風も好んだ小泉八雲が気に入り住んでいました。庭のことも大変気に入って
いたみたいですので、ぜひご堪能下さい。



続いて向かうのは隣接している【「小泉八雲記念館」】です。
八雲の直筆原稿や初版本、愛用の机・椅子・衣類等約二百点展示しています。映像展示では、
「八雲の生涯」と代表作「耳なし芳一」をご覧いただけます。


ここで小泉八雲を知らない方にどういう方なのか、説明したいと思います。
 松江では小泉八雲より「ヘルンさん」のほうが定着しています。
「ヘルンさん」とは?中学校・師範学校へ赴任する際、籠手田安定島根県知事との間で「条約書」が交わされ、
その条約書に片仮名で「ラフカヂオ・ヘルン」と記されたのが「ヘルン」誕生のきっかけです。
小泉八雲旧居近くのバス停も「へるん旧居前」と記されています。

また、小泉八雲の再話した松江の怪談を体感してみてはいかがでしょうか?
松江の夜の魅力を再発見できるはずです。
「闇をみつめることは自らの五感力を磨くことにもなり、灯りの溢れた現代社会に暮らす私たちには、とても新鮮
なものになるでしょう」と、NPO法人松江ツーリズム研究会が松江ゴーストツアーを期間限定で行っています。
こちらにも参加してはいかかでしょうか。

お問合せ
【NPO法人松江ツーリズム研究会】
TEL:0852-23-5470



続いて向かうのは【「加賀の潜戸」】です。
明治24年9月小泉八雲は妻セツと共に念願だった加賀の潜戸を訪問を果たします。
明治27年に出版された「知られぬ日本の面影」には、八雲が妻のセツとともに自宅から人力車と舟、そして徒歩で
潜戸を訪れた際に道中の風景、暮らす人々の当時の印象が描かれています。


最後に向かうのはパワースポットでも有名な【「美保神社」】です。
小泉八雲はこの地を三度訪れています。八雲は美保関を訪れるたびに、同神社の横山真矛宮司と懇談していました。
また、八雲はこのようなことも言ってます。

 「絵に描いたような美しい町“美保関”永遠にこの美しさを保ち続けたい」

 皆さん、ぜひこの町に足を運んではどうでしょうか。


東出雲ICから帰路につきましょう。



※観光に関するお問い合わせ
小泉八雲旧居   TEL0852-21-0714
小泉八雲記念館   TEL0852-21-2147
松江観光協会   TEL0852-27-5843 
松江国際観光案内所   TEL0852-21-4034
ドライブコース詳細 戻る
JAF|一般社団法人 日本自動車連盟